東広島市・西条の地域に密着した工務店

ブログ

再・利活用できる古民家を見極めるコツ(その五)

2019/09/26

4. 設備系の確認 ~水の流れ、電気の流れ~

住む上で…というよりは、生きる上で、なくてはならないもの。

水です。

ずっと使われずにいた建物では、この水が滞っていることがよくあります。

どこから水が出てきて …上水道、井戸

どこへ流れていくのか …下水道、浄化槽

建物内の水廻りの状況 …台所、トイレ、洗面など

建物外の水の流れ …水栓、汚水や雨水の流れ

滞りがないかどうか、を見て、

もしあれば、しっかりと水の流れを整えることが大切です。

 

また、暮らす上で必要な、電気。

電線からの引き込みや、ブレーカーの状況も確認したいところです。

 

<再・利活用できる古民家を見極めるコツ>

1. 立地条件 ~その建物は、どんな場所に建っていますか?~

2. 敷地・建物の大きさ・広さ ~“ちょうどいい”大きさを知る~

3. 現状の程度 ~はがしてみる、のぞいてみる~

4. 設備系の確認 ~水の流れ、電気の流れ~

5. 予算 ~“現実”は厳しくもあり、優しくもある、と敢えてお伝えさせてください~

6. 最後に ~古民家に対して想うこと~

 

<住まいの“改修(リノベーション)”・“修繕(リフォーム)”から、建物をより良く生かす“再生”まで>

<お問合せは こちらから>